無料相談 TEL:0120-304-777
メールでご相談

秘密厳守

迅速対応

メニュー

【段階別住宅ローン対策】1~3ヶ月滞納している場合

誰も好き好んで住宅ローンの滞納をする人はいませんが、病気やケガ、親の介護、ボーナスカット、転職、会社の倒産など原因は人それぞれですが、何らかの理由でこれまでの収入が減少し、住宅ローンを滞納してしまうという可能性は誰にでもあり得ることです。

住宅ローンを返済滞納し始めて1~3ヶ月経過していくとどうなるか、またその時はどうすれば良いか考えてみましょう。

 

滞納1~2ヶ月目

債権者(金融機関)から支払い請求の電話連絡『支払い請求書』、放置していると『督促状』が届くようになります。住宅ローン滞納分の遅延損害金が請求されます。この段階ですぐ競売になることはありません。返済能力があり、ただのうっかりミスなのでしたら遅延損害金も含めてしっかり返済しましょう。

まだ、返済が遅れていることへの注意や警告くらいの意味合いですが、このまま放置していると金融機関は競売の手続きを粛々と進めていきます。

滞納1~2ヶ月目の段階での対策

まずは、うっかりミスで支払いを忘れた人、今後も継続して返済能力のある人はすぐに遅延損害金も含めて支払いをしましょう。そうすれば大きな問題にはなりません。

一方、住宅ローンの返済が困難だという人は、住宅ローンを契約している金融機関に相談をしましょう。

金融機関との相談内容は、一時的な返済猶予や返済期間の延長のリスケ(リスケジュール)による返済条件の見直しをすることで、住宅ローンが払えるようになるかどうかの相談です。全てが応じてもらえるという訳でもありませんが、滞納したことのお詫びと、誠意を持ったお願いをすることで認めてもらえる可能性はあります。

ただし、一定期間の支払い猶予や延長をしてもらった分、むしろ返済総額は増えてしまいます。リスケは一定期間の一時的しのぎの方法に過ぎませんので、病気やリストラなどで一時的な収入減が原因で支払い困難に陥った人には有効ですが、永続的に返済が厳しいという人には金融機関もリスケに応じてもらえませんので別の手段を考える必要があります。

滞納2~3ヶ月目

これまで金融機関からの、支払い請求の電話連絡、支払い請求書や督促状を放置してしまうと、『催告書』が届くようになります。金融機関によっても時期は異なりますが、住宅ローンの返済滞納から3~6ヶ月続くと届きます。文書の中身としては、期限の利益の喪失、一括返済(一括弁済)、保証会社、代位弁済、個人信用情報の登録など、より専門的な用語が記されており、金融機関の強硬な姿勢がうかがい知れるようになります。

具体的には、催告書に記載している期日までに滞納をしている住宅ローンの元金、金利、遅延損害金を支払わないと「債務者は住宅ローンを分割して支払う権利を失います」また、「期日までに支払いがない場合は法的手段に移行します」という内容が書かれています。

用語説明

◆期限の利益喪失
住宅ローンを月々の分割で返済する権利を失うこと。
◆一括返済
残りの住宅ローンを一括で返済すること。
◆保証会社
住宅ローンの返済が止まった場合に備え、支払いの保証をしている会社。金消契約時に借入額の2%保証会社に支払っています。
◆代位弁済
保証会社が債務者(あなた)に代わって、ローン残額を金融機関に支払うこと。
◆個人信用情報の登録
個人信用情報機関に住宅ローンを滞納したという情報が記録されること。(ブラックリスト)

『催告書』は、要するに「支払いがない場合は競売の手続きを進めていきます」ということです。これまでの督促状などとは意味合いが違い、金融機関からの最後通告といえます。

催告書が届いた段階での対策

これまでの支払い請求の電話連絡、支払い請求書や督促状を無視してしまっているのでもしかすると応じてもらえない可能性もありますが、返済する意思があるという姿勢を見せるためにも、まずは金融機関へ相談しましょう。また、支払うといってもこれまでの遅延損害金も含む滞納分となると大きな額になっていると思うので、この段階から、任意売却や債務整理など別の手段を考え始めましょう。

まとめ

前にも書きましたが、住宅ローンの滞納をして放置し続けると競売になり強制退去となってしましいます。その過程でも、みじめな思いをすることになると思います。そうならないためにも、早い段階で行動することが大事になります。面倒だから、恥ずかしいからと、後回しにしてしまうと対処の選択肢が少なくなり解決が難しくなってしまいます。

私たちは、住宅ローン返済の相談窓口として、住宅ローンでのお悩み、不動産調査・査定、任意売却、債務整理のご相談を得意としています。あなたの状況に応じた最適な解決方法をご提案いたします。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

無料相談 まずはご相談ください

36524時間対応

TEL:0120-304-777

メールでご相談

住宅ローンの支払いに困った時に必ず役に立つ冊子を無料でプレゼント‼

  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
このページの先頭に戻る
無料相談 まずはご相談ください