無料相談 TEL:0120-304-777
メールでご相談

秘密厳守

迅速対応

メニュー

住宅ローンを払えない、滞納したらどうなる?

マイホームの購入をするために金融機関から借入れをして返済をしていく住宅ローン。住宅は高額なので現金一括というのはなかなか難しく、住宅ローンを利用するのが一般的です。長期間のローンになりますので、返済途中で何らかの理由で返済が困難になることもあるかもしれません。

ここでは、払えなくなったら、滞納するとどうなるのかを解説していきます。

 

住宅ローンを払えなくなる原因

住宅ローン返済が困難に陥る原因としてひとつは、収入が減った・無くなった、そして、支出が増えた、最後に当初から無理のある組み立てだったと3パターンが考えられると思います。

収入が減った・無くなった

病気やケガ、親の介護、ボーナスカット、転職、会社の倒産などで今までの収入が確保できなくなること。

支出が増えた

子どもの教育費や車のローンなど住宅ローンを組んだ当初にはなかった支出が増えること。

当初から無理のある組み立てだった

現役時代と比べて収入が無くなる定年退職後まで返済しないといけない組立てだった。上の2つにも関わりますがボーナス併用払いの組み立て、金利上昇で返済額が上がることも考えられます。

住宅ローンは長期間のローンになりますので、ライフプランニングが大事になります。これらのことは誰にでも起こり得ることです。将来何が起こるか分からないことを念頭に余裕のある住宅ローンを組むようにしましょう。

住宅ローンの滞納で起こること

これらのように、何らかの原因で住宅ローンの支払いを滞納してしまった場合にどうなるのか見ていきましょう。

およそ3か月滞ると金融機関から債務者へ督促状や催告書が届く

返済が滞ると、金融機関から催促の連絡がきて返済を求められます。1か月から2か月たつと「支払い請求書」が届きます。さらに、2か月〜3か月たつと、「催告書」が届きます。そのときに支払いができない場合は、金融機関に相談しましょう。金融機関から返済条件の見直し(リスケジュール)をしてもらえることもあります。何もせずに放置することだけはやめましょう。その理由は次にあります。

およそ6か月滞納が続くと金融機関から保証会社へ代位弁済請求

滞納期間が3か月を超えると次のステップ。金融機関から、「期限の利益喪失通知」が届きます。住宅ローンを組んだ時の長期にわたって毎月分割して支払うという金銭消費貸借契約をやぶったことで、分割して支払う権利を失ってしまいます。つまり残りの住宅ローンを一括返済するように求められます。

そして「代位弁済通知」。住宅ローンを組むときには保証会社との契約がセットになっていますが、金融機関はこの段階で保証会社へ一括支払い請求し、保証会社が住宅ローンの残高を債権者に代わって支払います。

競売の手続きを開始

時期としては、滞納して6ヶ月以上10ヶ月未満あたりです。裁判所が競売手続きを開始し、抵当権が設定されてある不動産を差し押さえたというお知らせ。裁判所の執行官によって現況調査が行われ、不動産の価格が査定されます。

競売が進められる

滞納から1年ほどたつと、「期間入札の通知」が届きます。対象の不動産の入札期間など詳細が記載されています。購入したい人がいれば希望の金額で申し込める期間で約1~2週間。通知が届いてから間もなく入札が始まります。

できることであれば、滞納する前に借入先の金融機関へ相談することです。他にも、他の銀行への借り換えを検討することもできますし、売却し賃貸物件に移り住むこともできます。一番良くないのは何もせず放置することです。何もしなければ債権者は債権回収のため競売に向けて手続きが進められていきます。

 

住宅ローンを滞納してしまった時の対処法

競売は金銭的にも精神的にも、新たな生活をスタートさせる上でダメージが大きく残ってしまいますので、出来ることなら回避するほうが得策です。どのような対処法があるのか見ていきましょう。

リースバック

リースバックとは、債権者の同意の上、住んでいる住宅を投資家など第三者に購入してもらうことでそのまま賃貸物件として家賃を支払い住み続ける方法のことです。売却はしますが長年住み慣れた家に継続して、住み続けることができるというメリットがあります。

近い将来に資金のめどが立つという場合は不動産を買い戻すことも可能。売却したときの価格よりも買い戻し価格が高くなってしまうケースが多いですが、住み慣れた家に住み続けられるというメリットはあります。

親子・親族間売買

リースバックの際に売却するのはお互いに信頼できる相手であることが重要なポイントですが親子や親族間での売買も選択肢のひとつです。投資家に売却するのと同様、自宅に住み続けられるというメリットがあり、さらに親子・親族間でのことなので、毎月の返済額が少なくなることが多いのも利点です。

一方で、購入した人がほかの住宅ローンを組みづらくなることや、親子間・親族間売買を行う場合に住宅ローンの融資審査を通すのが難しくなるケースが多いことなど、いくつかハードルもあります。

個人再生で住宅ローン特則を利用

住宅ローンの返済をするために消費者金融などから借り入れをし、その返済も難しくなってしまったといった場合に検討したいのが個人再生の「住宅ローン特則」です。適応されると、住宅ローン以外の債務の毎月の返済額が減るので、住宅ローン返済が楽になります。住宅ローンの返済額は減りませんが、住宅を手放すことなく返済を続けることが可能になるのがメリットです。というものの条件は厳しいので、検討する際は専門家に相談してみましょう。

任意売却

任意売却をすれば金融機関としても売却価格をより高く設定して残額を回収できるというメリットがあります。所有者としては競売を止めることができ、引っ越し費用を確保できる可能性もあるので、家を住み替えるという選択肢も考えられます。何も手を打たずにいると任意売却できる時期が過ぎ、競売を待つだけになってしまうので、早めの決断が必須です。不安がある方は、専門家に相談し任せてみるのもひとつの方法です。

債務整理、自己破産

任意売却ができる期間も過ぎ、自宅を競売にかけられた後も債務が残ってしまったという場合は専門家に相談しましょう。こうなると、自己破産をして債務整理する方がメリットが大きいと考えられます。

まとめ

今回は、住宅ローンを滞納してしまった場合の対処法について書いてきましたが、状況に応じて様々な対処法があります。ただし、一番お伝えしたいことは、早めに行動するということです。

これまでの相談を受けたお客様の中でも、住宅ローンの返済が厳しそうだなという兆候が見えた時点で行動していれば、債務整理や自宅を売却せずに済んだんじゃないかという方も少なくないです。住宅ローンを支払えなくなる原因は見て頂いた通り誰にでも起こり得ることだと思います。万が一困難に陥った時は早めの行動をとるようにしましょう。

私たち「住宅ローン返済110番」は住宅ローン返済が困難になった時の相談窓口として、住宅ローンでのお悩み、不動産の調査や査定、任意売却、債務整理のご相談を得意としております。今回のような住宅ローン以外の借金問題でも、司法書士・弁護士との連携を取り最適なアドバイス・解決策をご提案しています。お気軽にご相談ください。明るく笑顔でご対応いたします。

他にも色々と書いてますので是非参考にしてください。

ブログ一覧⇒https://loan110.jp/blog/

無料相談 まずはご相談ください

36524時間対応

TEL:0120-304-777

メールでご相談

住宅ローンの支払いに困った時に必ず役に立つ冊子を無料でプレゼント‼

  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
このページの先頭に戻る
無料相談 まずはご相談ください