無料相談 TEL:0120-304-777
メールでご相談

秘密厳守

迅速対応

メニュー

任意売却と債務整理の違いは?

任意売却は債務整理のひとつの手段なのでは?違いが分かりません。

任意売却とは、住宅ローンが支払いきれない人が、債権者の同意を得て競売を回避するために自宅を市場で売ることを目指すものです。

債務整理は、借金問題を解決するための手続きのことです。「任意整理・特定調停・個人再生・自己破産」の手続きがあります。債務整理は、残債額、担保価値、現在の収入状況、今後の収入状況などにより解決方向が違ってきます。主に裁判所を通じて解決する手続きは、一般的には司法書士さんや弁護士さんに依頼をします。

任意売却は任意整理の手法のひとつで、債権者(銀行・保証会社)と債務者(あなた)の間で債務問題を解決していく方法です。不動産業者が仲介に入り、物件調査・価格査定をして債権者との交渉・同意のうえ売却金額を決定後、販売活動をしていきます。司法書士さんや弁護士さんを窓口にしても任意売却は可能ですが、不動産の価格査定や販売活動はおこないません。任意売却は、任意売却を専門としている不動産業者に任せることが重要になってきます。

任意売却と債務整理の違いは、裁判所を通す方法と、通さない方法の違いだといえます。

私たちは住宅ローン返済の相談窓口として、お客様のご相談内容やご希望に応じて任意売却だけではなく、債務整理の方が良い解決策だと判断すれば、我々と提携している司法書士・弁護士を通じて債務整理のご提案もすることもあります。分からない事、解決策などご理解してもらえるまで丁寧にご説明します。任意売却だけに限らず、まずはお気軽にご相談・ご相談ください。

無料相談 まずはご相談ください

36524時間対応

TEL:0120-304-777

メールでご相談

住宅ローンの支払いに困った時に必ず役に立つ冊子を無料でプレゼント‼

  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
このページの先頭に戻る
無料相談 まずはご相談ください