無料相談 TEL:0120-304-777
メールでご相談

秘密厳守

迅速対応

メニュー

任意売却はいつ依頼すればいいの?

住宅ローンの滞納から競売まではどれくらい時間がかかるのでしょうか?任意売却はどの段階で依頼すればよいのでしょうか?

まずは、住宅ローン返済の滞納から競売までのタイムスケジュールを見てみましょう。

何もしなければ、このように時間は流れていきます。案件ごとに違いはありますが、一般的に、住宅ローン滞納から入札開始までの期間は6~12ヶ月くらいになります。

住宅ローンを滞納すると、日を追うごとに銀行から「督促状」「催告書」「期限の利益喪失通知」「代位弁済通知」が届きます。「代位弁済通知」が届くと債権者が銀行から保証会社やサービサーに移行しますので、これからは保証会社やサービサーとの交渉となります。そして保証会社・サービサーから「任意売却の申出書」が届くと任意売却の活動がスタートします。

なら、任意売却の依頼はいつすればよいか?相談は早い方が良い。が一番良い回答になるかと思います。身体の異変に気付き病院の検査にいく。等もそうだと思いますが、何事も早いに越したことがないというのが、私の感想です。少し、不安な点等が出てきた際は、業者にご連絡することをお勧めいたします。もちろん、そういう私共も任意売却のプロになりますので、お気軽にご連絡下さいませ。

ただし、知っていただくべき内容として、任意売却の活動期間は、通常3~6ヶ月間です。その間に、面談・相談、物件の調査、価格査定、債権者との交渉、販売活動、売買契約、決済・引渡し、というように動いていきます。法律的には、競売の開札日の前日までは可能ですが、開札日の直前に依頼をいただいたとしても時間が少なく、ここまでくると成功確率は極めて低くなってしまいますので、もっと早い段階で相談に来てもらう必要があります。

これらを踏まえて、少なくとも、住宅ローン返済の滞納しそう、催告書が届いたという段階で私共にご相談をいただければ、準備や組立てが十分にでき、解決策の選択肢も大きく広がります。

最後に、まとめさせて頂くと、遅くとも「期間入札の通知」が届くまでには任意売却の依頼をしていただく事、これが何より重要になってきますので、くれぐれも「どうしたらいいんだろう?」と気になった際には、すぐに相談するようにしてください。このタイミングを過ぎるにつれ、解決確率は極めて低くなりますので、何より早い段階で相談に来てもらう事が重要になってきます。皆様も何かあったら、手遅れになる前に、必ず専門の業者に相談をするようにしてください。何事も時間やタイミングは大切です。運を手繰り寄せるためにも、少しでも早く専門業者から知識を得て、笑顔の未来を送ってくださいね。

無料相談 まずはご相談ください

36524時間対応

TEL:0120-304-777

メールでご相談

住宅ローンの支払いに困った時に必ず役に立つ冊子を無料でプレゼント‼

  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
このページの先頭に戻る
無料相談 まずはご相談ください