無料相談 TEL:0120-304-777
メールでご相談

秘密厳守

迅速対応

メニュー

生活における支払いの優先順位は?

日々の生活で、支払いがどうしても困難になってしまったときに、住宅ローンやクレジットカード、学費、税金など…色々な支払いがあるけど、結局どの支払いを優先すれば良いの?

そうですね、日常生活を送っていると、住宅ローンの返済や、買い物、学費、税金など支払わなければいけないものがたくさんあります。当然、買ったものは払う、借りたものは返さなければいけないという大前提はあります。しかし万が一、払えない返せない状況に陥ってしまった場合の対処法として、優先順位をご説明します。

生活における支払い優先順位

日々の生活を送るうえで、住宅ローン返済、クレジットカードの支払いなど色々とあります。状況が変わって支払うことができなくなってしまった場合、住宅ローンの滞納に関しては任意売却クレジットカードや消費者金融などのキャッシングなどに関しては任意整理・個人再生等の解決方法があり、また最終手段として自己破産を選択する事も可能です。しかし、固定資産税などの税金は自己破産をしたとしても免責される事はなく、解決出来るものではありません。
もちろん、目先の支払いを頑張ろうという気持ちは間違っていませんが、一番滞納してはいけないのは免責のない税金です。もし、どうしても税金の納付が難しい場合は担当窓口へ誠意をもって状況を説明し、支払い期日の猶予などの相談をしてみましょう。

生活費・お子様の教育費

色々な支払いが困難となった場合でも最優先にするものは、最低限の生活費は確保しておくことです。もちろん贅沢はできませんが、最低限の生活費やお子様の学費・給食費は止めないでください。命と健康が最優先です。

税金

納税は「勤労」「教育」と合わせて日本国民の3大義務とされています。免責されることのない税金も支払いの優先順位が高いです。
固定資産税や住民税などの地方税の場合は、どれくらいの期間や金額を滞納すると差押えられるかというのは、市区町村によって異なります。どの自治体も税金の回収には力を入れていますので、滞納をしたままでは資産を差押えられる可能性は十分あります。
消費税や所得税などの国税を滞納してしまった場合は、その管轄は市区町村ではなく税務署になります。国税は地方税よりも対応が厳格で、比較的早い段階で差押えが入ることがあります。国税の滞納による差押えが入ると、延滞期間中の延滞税も含めて完全に返納するまで差押えが解除されません。
また、税金だけでなく、「国民健康保険料」や「国民年金」も差押えの対象となります。

住宅ローンやクレジットカードなどの債務

支払いが困難となった場合、上でも書きましたが、住宅ローンは任意売却で、その他の債務は債務整理で解決できます。おすすめするわけではありませんが、住宅ローンや他の債務は返済を滞納する必要があります。そして任意売却、債務整理を決断し、行動することです。
その返済滞納をしている間に、新たな生活再建に向けて少しでも資金を蓄えてください。

マンションの管理費・修繕積立金

マンション住まいの人は、管理費・修繕積立金の支払いもありますが、これも支払いを止めることも仕方ないと思います。任意売却の場合は売却代金から費用控除できます。

まとめ

このようなことを知っていなければ、住宅ローンなどの目先の支払いをなんとかしなければと考えてしまうと思います。いろんな意見はあると思いますが、どうしても支払いが困難な場合は「生活費>税金>住宅ローン・他債務・管理費・修繕積立金」の優先順位で考えて良いと思います。

最悪、住宅ローンや他の支払いは後回しにして、命と健康は最優先に考えることが大事です。次に免責のない税金。住宅ローンや他の支払いは、任意売却や債務整理をすることで解決することが可能です。こういう事は、誰にでも起こり得ることですので一人で抱え込みすぎないで、こういうことを知ったうえで今後の対処法を考えてほしいと思っています。

無料相談 まずはご相談ください

36524時間対応

TEL:0120-304-777

メールでご相談

住宅ローンの支払いに困った時に必ず役に立つ冊子を無料でプレゼント‼

  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
  • 無料冊子
このページの先頭に戻る
無料相談 まずはご相談ください